苗を植える場所に穴を掘る! | ブログ | 巨大かぼちゃ大会【ジャイアント・パンプキン・グランプリ】

苗を植える場所に穴を掘る!

かぼちゃの苗を植える前に、まずは植える場所を整えることにしました。
まずは、苗を植える場所をできるだけ深く掘ることに。
根がしっかり張るように、根が栄養を吸えるように、苗を植える一メートル四方ぐらいは、良い土を入れてあげたいためです。

もともと畑にすることは想定されていなかった場所なので、掘ったとしても、すぐに大きな石がいっぱいの層にぶつかってしまうだろうなあ
と思っておりましたが、うーむ・・やはり一メートルの深さは掘れなかったです。石ばかりの層が出てきました。
しかし、60cm~80cmぐらいの深さまでは掘ることができました。

ここに、買ってきた培養土と堆肥を入れ、とりあえず苗を植える場所の準備は完了です。

これで去年より、しっかり根を張ることが出来、栄養を吸収しやすくなったでしょう!

穴に入れた土ですが、まずは7割ぐらいは「花と野菜の培養土」、2割ぐらいは「バーク堆肥」、あと1割ぐらいは「腐葉土」です。
これは素人考えで、培養土を入れたのは自作の土よりも、お店で売ってる培養土のほうがいいんじゃない?というのと、バーク堆肥を入れたのも園芸入門みたいな本に肥料の持ちが良くなるよ!と書いてあったので、このようにしたわけです。
さてさてこれが、吉と出るかは、この後の巨大カボチャの成長でわかるわけです。楽しみです。

苗を植える場所に掘った穴

ゴロゴロした石ばかりの層が。ムムッ・ここまでか。

苗を植える場所に掘った穴。水がたまりだす。

前日雨だったせいか、掘った穴はなぜか水が貯まりだす。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする