虫食いにやられる!虫食いにご注意! | ブログ | 巨大かぼちゃ大会【ジャイアント・パンプキン・グランプリ】

虫食いにやられる!虫食いにご注意!

畑に植えることになってからというもの、展開が速すぎ状況のご紹介が遅くなっております。

ともかく、早急に伝えなければならない事態が発生!!

虫食いにやられました!

甘かった・・orz/////

苗を植えてからは早めに殺虫剤をまくようにと、ネットにも書いてあったのに・・

ともかく、こちらの写真を見て下さい。。

葉っぱの真ん中にポカーンと穴が・・

苗を畑に植えてからというもの、なんだか苗に活力がない。。。

え?もしかして、水やりが少ない?よる、朝、寒いから?何が大きな原因かわからず数日経ったが、流石にココまで明らかに大きな穴になってくると原因が虫食いだと、素人でもわかります!

虫食い被害者の苗、他にもいます。こちらです。

一枚の葉っは完全に食べられてしまい・・こんな感じです・・(TдT)

そして、早くもこの虫食い事件の犯人を発見!

犯人の虫について調査しました!

虫の名前は、ハムシ

以下、こちらの住友化学園芸のハムシについてのページより引用

被害症状

幼虫の被害と成虫の被害があります。クロウリハムシ、ウリハムシ、キスジノミハムシの幼虫の被害は根を食害することです。養分の吸収が出来なくなって生育が悪くなり、大発生すると、苗だけでなく樹木でも枯れることがあります。成虫の被害は葉を葉脈だけ残して網目状に食害するため生育や美観が損なわれることです。サンゴジュハムシは幼虫、成虫共に葉を食害します。

むむ・・・なにか成長が悪かったウチの苗に症状が似ている・・・

生態

コガネムシを2回り程度小さくした体長5~8mm前後の虫で、ハムシと呼ばれ、コガネムシと同じ甲虫類の仲間です。種類は多いのですが、どんな植物にも寄生するというよりは、ウリハムシはキュウリなどのウリ科植物に、サンゴジュハムシはサンゴジュに、キスジノミハムシはダイコンなどのアブラナ科の植物に寄生するというように種類によって寄生植物が異なります。成虫の発生は年1回です。幼虫期には土の中と葉の上で過ごす種類があります。

で、飛んでくるんだな・・この虫・・畑を作って数日で飛来してきたのか・・・

そして有効な殺虫剤は、こちら住友化学園芸のページよると、こちらの「ベニカ水溶剤」らしい。なるほど。

http://www.sc-engei.co.jp/guide/detail/1405.html

とりあえず、園芸においては、殺虫剤が必須!

特に畑に苗を定植する時は、あっという間に葉っぱが無くなってしまいます!

これから苗を育てる皆さん!是非私のようにならないように、虫食いには気をつけてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする